多くの会社で取り扱っている不動産担保ローン

不動産担保ローンは多くの金融会社が扱っている融資の形態であり、銀行系だけではなくノンバンク系も扱っています。

銀行系はリスクを少なくとる傾向があり、不動産評価に対する融資額の割合は低めですが金利を低めに設定されています。

逆にノンバンク系は評価額に対する融資額割合は高めであり、多額の融資を受ける事は可能なのですが、変わりに金利は高めに設定されています。

無担保融資と比較すれば金利は低いですが融資額が多額な為金利負担額もかなりの金額になります。

返済額を一定にした場合初期は元金が中々減りませんので返済額自体も減りにくくなってしまいます。

多額の融資を受けるという事はそれなりのリスクがある、そういった事は意識しなければいけません。

また不動産担保ローンは比較も可能ですが、信用力がなければ大きな取引は難しい場合も多いです。

その為比較し良い金利条件を見つけたとしても取引可能か必要な融資額を引き出せない場合もありますので注意が必要です。

金融会社で提示される金利は幅がある為、金利相談をしていく事で金利は下げてもらう事も出来ます。

ですがそれは利用の実績を重ねなければ成立しにくく、最初は貸す側が有利である為交渉しにくいです。

不動産担保ローンの金利を比較し条件の良い金融会社を探す事も大切ですが、返済計画にあった返済が出来るかも大切です。

まずは付き合いのある金融会社と相談し、金利に関しても相談をしていくと良いでしょう。